会社の引っ越しを期に、色んなことをはじめていますが。

その中の動きの一つに「自分らのプロフィールをしっかり出そう」
というのがありまして。

プロフィールのコメントを作っていたら

「自分らしく喋ることをテーマにした司会者育成クラスの卒業生の中には、声優や司会者、歌のお姉さんのほか国内最大手自動車メーカーのトップセールスレディ、全国チェーン店接客コンクール関西代表、市会議員などがいる。」

事実を並べたらこんなことになりました。

…なんか、すごいな(笑)
みんなたまたま自分の道に進んだ時、私の元に通りすがっただけなんですが、
それでも、すごいご縁と、私をすごく見せてくれる要素だな。と


結局、世の中は人様のお陰様のサマサマサマ。
なのですね☆



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日、学校でPTAのお当番のついでに、娘の問題を解決しにいってきました。

1・昨日、男子と喧嘩して蹴られた件
2・鍵をなくした件
3・机の中が汚すぎる件

1 先生を挟んで、彼と娘とが話をし、まあ、解決したようですが。
  娘ちゃんママとしても一言。
 「なぁ。○○(男子に) 喧嘩して暴力になるとさ、大事になるやん? そしたら私と君のママが仲悪くかもしれへんやん?それはすごく嫌だ。ちょっと私達の気持かんがえてくれへんやろか」
  そう言うと男子君、「わかった」 と言ってくれました。
  大人の大義名分じゃなくて「私はいやだ」というのがピカソ流奥義。
  素直な子にはめちゃめちゃ効きます。

2 首からぶらさげるなと言っていた鍵を、やはりぶらさげていたらしく、鍵単品がおとしもので届いていました。
  蹴った彼のせいにしたので、一喝。「○○君に謝りなさい」
  なんとなく、喧嘩も一件落着かな

3 娘の机がまるで昔の男子の机の中(><)本人なりの考え方があるらしけど…却下。
  片付けをしていると、こどもたちが群れ始めました。
  最終的に、なんか「『娘』のママは優しくてかっこ良くて出来る女」に格上げされていました。

でも私は知っている。
ステージ上や表現の先生としては輝けても、社会生活では私こそがミソッカスであることを(笑)
娘をとやかく言えないくらい、郵便物やら事務作業やらができないことを。


だから、よりプロフィールを充実させて、輝ける私をいっぱい作るぞっと(^^;)
スポンサーサイト
ローゼンビート音楽研究所にはもう30年以上お世話になっています。
中抜けはしたけど、私が、沢山の方に褒めていただける「声」の基礎をつくってくださったのは、間違いなくこのローゼンビートなのです。

歌は、自他共に認める~主役になれないうた~なのですが(^^;)
実はコーラスが大好きなので、このあたりは言い逃れでもあり、多少の寂しさは残るものの、あまり悔いておりません。


まあ、このローゼンビートってとにかく異常。
何が異常って、300回越えするような「定期」コンサートがあるんです。
最大回数を誇る「モナートコンサート」はなんとまもなく400回!
その後ろを追う「ローズサロンコンサート」はまもなく400回…。

異常です。

私がpappの音楽監督 藤原愛香ちゃんと一緒につくってる「音のオモチャ箱」は7回。
これも凄いことだと思うんですが、全然卵の殻に隙間ができた程度!

そして、そのどれもに、超一流アーティストが「さらっと」出演している。という内容。
育ってきて、今になって「なんて素晴らしい環境に居たんだ。私達は…と思うこと多数。


さて。実は私、3歳からピアノやってます。
って、ちょっとすごっぽいでしょ?
初回レッスンで先生に「この子、音感はあるけど、ピアノの才能は無いわ(笑)」と言われたという逸話の残る私です。
今も、ブルグミュラー程度しか弾けませんw
おかあさんごめん。

でも、音の違いはわかるよ~。
理代先生のピアノは、すごい。
上手い下手っていう基準はわかんないけど、「ピアノって、こんなに色んな表情する人なんだ…」と理解できる音色(まさに音の中の色!)が聞こえてきます。

倍率多い時では50倍以上という「兵庫県立文化劇場」にて、この週末先生のリサイタルが行われます。
ファイナルファンタジーシリーズでお馴染みの人気作曲家による編曲の曲もあるそうです。
行ける人は…行ったほうが良いと思います!


くわしくはこちら!
2007.11.01 新しい路
こんばんは☆OfficeFreeTalkの 常盤のぞみ です(*^_^*)

もちろんReVeの 奥村みずほ です。

活動の幅を明確に広げようと、思い立ち、
本当に急展開ですが、FreeTalkでの活動を始めることになりました。

包容力のあるHitit社長。
柔軟性のある橋本先生。

Mieのわがままを聞いてくださって、ありがとうございます。
Bigになりますっ


ということにはなりましたが、とりあえずは年内ほぼ埋まってしまったスケジュール
すでにどうさばくか、頭が混乱し始めているところでございます。
来年は、あと3人ReVeのMCを増やし、今いる上の子たちが、
それぞれ「貴方じゃないと」と言われる現場を取れるようになり、
FreeTalkとReVeの業務提携をより強固にし、大人数で押しかけて、
Mieはそのへんをガンガン捌いていくんだ。

私は、より使い勝手の良い「駒」になりたいなぁ。 
来年の事を言っても、そろそろ鬼に笑われないでしょうか?



さて。新しいことをはじめるのは良いことですが、
これまでやってきた業務や、これまでお世話をしてきた可愛い後輩たちが
不安にならないように。
新しく拓く道が、途中でとぎれないように。

注意深く、でも大胆に、突き進め~~~

同時に、歯の矯正、始めようと思っています。
どうするかは…明日相談。



つきすす~め~♪ つきすす~め~♪ ○んだむ。(ほんとはもえあがれ)
年末にファーストの劇場版(公開当時仕様)のDVDが発売されるそうですね(笑)
今日先輩のテンコさんとそんな話でもりあがっちゃったですよ。
2007.09.25 同期会
Mieは、血縁ではまぁまぁ珍しい短大出身である。
とても厭味な書き方承知で、一族の中では、オチコボレなのである。
なんせ、ご先祖様からビッグネームが多いの!
近しい血縁者には教育者が多く…いわゆる…公務員一族?

そんなMieだから、この仕事(MC・歌のお姉さん)に就くには、結構な難関を潜り抜けてきたわけ。
一番難しい「家族の反対」

言ったらマイノリティな業界ですから。
半端な根性では30代過ぎてやってられません。
家族の協力というのは、とても大切なのです。

そうですね…たとえば「NHKのアナウンサー」「おかあさんといっしょ の歌のお姉さん」
なら良いわよ。
くらいの勢いでしたわよ。 私が中学の頃なんて。
だから勉強しなさい。 と…
いや…言い訳するなら…それでも…ビジュアル的に…無理ちゃうかな~(笑)
で、そこまで根性もなかった。と。
「教育大学特音部」出て欲しかったんだと思います。
や、出てみたかったですが(笑)

で、人並み+1くらいの根性しか持ち合わせていないMieが、なんで今までやってこれたかっていうとですね。
最初の就職先に答えがあったりします。

近畿圏では有名なあのテーマパーク。
オールウェイズトゥギャザー アドベンチャーワールド!
「マリン課」所属「MC部門」という部署があったのですよ。
Mieが入社した年の秋までは…
そう。時は就職氷河期突入の嵐。 
当時就職率100%のお嬢様学校「金蘭短期大学」ですら、就職が決まらなくて泣く子多数だった時代ですわ。
どさくさにまぎれて「家を出て寮に入って良いですか」
と言い出したMieに、母親は「大学に行くと思って、2年だけ」
と「就職なら良い」と、家財道具そろえてくれて、送り出してくれたのです。


そこで学んだイベント製作のスキル。
お客様の案内。
落し物や救急車など、マニュアル。
電話対応術。
映像編集技術。
音響技術。
(わかる人だけわかってくれたら良いけど、私、オープンリールで編集、オペ、できまんねん。300万かけて社内全てMD化しましてん)
音響で言えば、ヘッドセットの防水仕様、MDを使った編集作業、選曲、ミックスダウン。色々できまんねん。
一眼レフでの写真撮影技術。(これはまーまー苦手。ポスターになった写真は1枚だけ)
モデル。
もちろんMC。
ラジオパーソナリティ。
ダンサー。
交渉術。
稟議書の上げ方。
接待。
ピンスポット技術。
ちょっとだけ調教。
男尊女卑社会。「長」が付く女性は2名のみ。
そして給料手取り12万弱(笑)

つまり人手不足。

この業界で働く技を身に着けました。


「Mieさん、何でもできますよね~」
たまに言われますけどね。 できるわけではなく、やらなあかんかったのですよ。
しかも、「できてる」わけではないのが問題。
「プロ」の仕事にはかないません。
そら、私にきっつくあたってくれた男性上司の気持ちも、今ならわかりますわ。
広く、浅く。 全てが「プロ」の仕事でなかった。

だからこそ、MCで「プロ」になりたかった。
職人になりたかったんです。

今は、ネタで「写真撮るのうまいっすよ」とか言うけど、社内では「お前はまた…(笑)」と言っていただける、良いポジションに納まっております。
ついでに言うと、今の会社で、MCを教えたり(教育者ですな)時には指名でお仕事いただけたりしているので…。
それなりのポジションをさせていただいているおかげで、母親も、認めざるをえないっていうか?(笑)

今では、よき理解者として、応援してくれています。
アリガトウ母。



で、やっとタイトルにいくわけですが(*^_^*)
マイノリティな私に負けず劣らず、マイノリティでステキな仲間たち。
それが、今から12年前に一緒に入社した仲間たち。
会社でも数多くの有名人を生み出した、我ら同期入社組みの、実に9年ぶりの同期会が、来週催されることになったのです!

いまや各地に散った同期たち。
山口から、姫路から、加古川から、宝塚から、八幡から、新宮から…。
同期同士で結婚した組もあり、白浜に残った子もおり、この中では、Mieもさすがに「変わり者」にはなり得なかった、(と思うねんけど)素晴らしき変わり者軍団に、会えるんです。

仕事を語る上で、欠かせない最初の就職ネタ。
飲み会で幾度となく出た話題ですが、弊社メンバーにかかると、85%以上の話が途中でネタになってしまうわけで、最後までいきつけたことはありませんでした。
やっと吐き出せて、良かったです(笑)

てなわけで、来週は白浜に!行って来ます!




今日も長くて、ソーリーっす!ローリーっす! ←前に瀧本瞳ちゃんと一緒に見たお芝居であったネタ…。 わかんないですな。すんません。
無駄にテンションあがってるってことで…ひとつ…
お久しぶりのMie経歴です。

数ヶ月来、娘の音楽教室やらバレエスクールやら、興味を持ってくれたら嬉しいな。という分野の習い事を始めている。
娘3歳1ヶ月。
集中力なんてものは期待してはいけないのですが…
周りと比べ、出来ないわけじゃない、わかってないわけじゃないのに、飽きる!ダレる!集中力10分!

この年齢の子どものレッスンは、大体40分程だけど、
その1/4が過ぎた時点で、全エネルギー開放!
クネクネしたり先生にチャチャ入れたり、これでは行く先授業妨害の迷惑児童が…

少し不安に思い、本日母に相談致しましたところ…
「30年前のお母さんの苦労がわかったやろ(笑)あんたは4歳でどこ行っても20分やった(にや)」



結論

大丈夫
(笑)