上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フェイスパックは必要なお年頃なのですが。
最近はおサボり気味でした。

しかし、これはやっとかなあかん!



おもしろいから…。


行動理由が「面白いか否か」なのですが。
それを責める方とのお付き合いもなくなり、本当にのびのびやってると感じる今日このごろです。


そうそう。
4/4に、ライブをやる。っと言ったら、どなたか来てくれますか?
スポンサーサイト


こちら


写真を撮るときに、ふと客観的に
「今この人どんな顔してるんやろ」
と思って、カメラ反転してみたんですよね。

結構エぇ顔してて笑えました(笑)
私の今や中心的活動になってきた、こどもの表現力を育てるための「ピカソプロジェクト」ですが、いよいよ本格化してきまして。

そのスケジュールをこっちのblogに載せるべきかどうかも迷いながらの昨今です。

当然、司会のお仕事もお断りすることが増えてきています。
中には「うそやろ!会いたいし!!」みたいな方もいらっしゃったりします。

そのなかでも、旧知の池田彩ちゃん、高取ヒデアキさんたちとはなんとかご一緒できそうな雰囲気です。

司会も


こども教育も



私の中ではどちらも同じ「おいでよ!楽しいよー!」を伝えるお仕事です。

どうせ何年たってもふわふわとやりたいことやってると思います☆

これからもよろしくね!

↑新年?!(笑)
とあるスポーツ団の応援歌の収録でした!

一時期はJ-1に入っていたチームです。

この曲が正式にリリースされるまでの道も長かったぁー!
早く一般公開されないかなっ!て感じです。

今日は、舞台のお師匠さん、トミーさん。
音響界のスーパーバイザー、あつきさん。
懐かしい憧れの歌のお姉さんの先輩が設立された「キッズプランナー」のKENTOくん
とご一緒させていただきました!

大好きなハモりもあります☆(コーラスほんとに好き)



紹介…できたらいいなあっ!

野望は、このチームで現地に応援に行くこと( *´艸)絶対叶うはずー。
トミカ博、プラレール博って、こどもたちのまぁほとんどが通るスーパーイベントなわけです。

実は私。
立ち上げの年から関わらせていただいていました。
ステージショーも、製作からやらせていただいていました。

先日、メーカーのお一人が退職されるから。っという情報を聞き、音読教室のあとに、顔だけ見たいです!と、会場に乱入してきました。

会場をかきまわし、ご挨拶して

「こどもへの愛、私たちにくださった愛、本当に憧れる大人でした!」と愛の告白をしてきました。

音読教室の生徒でもある娘を連れて行ったから、それも喜んでくださいました。


ちょっと長くなりますよ。

私たちは、メーカーさまからしたら「スタッフ」です。
使役される側の人間ですし、メーカー様が言えばどんな無茶でも応える義務があります。

だから、イベントや会場によっては、スタッフを見下したような態度で接せられたりすることも少なくなく、私たちは時にそのメーカーにがっかりさせられることがあります。
彼らの言い分は「使ってやってる」「仕事をくれてやってる」です。
すると。。
街で消費者としてそこの商品と出会っても、軽くトラウマです。



でも、真逆。
トミカ博は、私たちを本気で愛し、育ててくれました。
「こどもが遠慮して遊ぶものなんておもちゃじゃない。」
と言って、トミカやプラレールの頑丈さ(こども目線での)を教えてくれました。
「だから、遠慮なくこどもを楽しませてやってくれ。」「君たちが楽しまないと、それはとてももったいない。」
そういってくださりました。

私はこれからも、友達にこどもができたらプラレールやトミカをプレゼントしますし、GWやお正月にはトミカ博行こうよ!って誘いたい。って思います。



おもちゃに対する想いをニコニコと、いつも手短に語ってくれた方の送別会。
行けてよかった。
懐かしい顔にもたくさんあえて幸せだった!

ショーの世界は大変です。
でも、何事にも代えがたい幸せがあります。

この日は久々に、そういう世界に戻って、幸せな気分で娘と語り合いました。



部長。会えてよかったです!
本当に、本当に、ありがとうございました。
みずほスタイル番外編?



最近(私のなかで)流行りのゴルチェのドレスに、例の燕尾ジャケットです。

先日右足を捻挫あそばしたんですが、なんとか、こんな靴もはけるようになりました。

あーよかった。

さて。昨日は吹奏楽の司会でした。
かれこれ13年くらいのお付き合いになる指揮者で金管奏者の河野健さんにお声がけいただきました♪ありがとうございます!

前回の開催が2012年…。三年ぶりだったのに。。覚えていてくれて嬉しいです!



幕間とか…大好き( *´艸)

このイベントは吹奏楽ファンだけでなく、学生に吹奏楽への道を示す。という使命もあり、指揮者の先生との対談も、コンクールのポイントとか示されて、面白かったぁ!

指揮の小林恵子さんとも、


ピアノさわられたりしながらの解説と、実際の演奏で教えてくださる手腕。
ほんっと、楽しかった!
ミュージカルとかもお好きとのこと。。
今後も何か絡みたいなぁ。と思った次第でありました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。