小学校では必ず「本読み」の宿題が出ます。

これ、とっても大切なんです!

学習 というのは、2つ以上の感覚神経を連動させて使用することで、効率が大幅にアップするんです。

「見る」
「聞く」
「発する」

この必要性は、今年度新しくなった文部科学省のHPに、最も大きく取り上げられていますね。


自分で考え「生きる力」を持つ若者を育てるには…
小学低学年くらいまでの子どもたちに対する「詰め込みだけでない」新しい教育。


「覚える」ことはとっても大切。知識は絶対必要。
しかし、詰め込んだって、限界はあっという間に来てしまいます。
実は、感覚神経を伸ばすことで脳の脳の許容量は大きく膨らみます。

ここしばらくこんな研究ばっかりやってたので、かなりマニアックですが…

つまり、本当の頭の良さ、コミュニケーション力を鍛えるためには「声に出して表現する」という行為がとてつもなく有効なんです。


恐るべし子ども
ですが、


文章題にも。
道徳学習にも。
もちろん他国語の学習にも。

「話す」「聞く」はとっても必要。


将来ステージを目指す子たちには、
これからの時代、もっともっと大切!!



これまで、たくさんの子どもに関わってきて。
自分も子育てをする中で。
これまでと違う形で社会貢献できないだろうか。

子どもは誰でも天才。
子どもは夢の宝庫。

その才能と夢を一生の宝ものにするために…。
私にできることはないかな。

と思っていたところの、スタジオ開設でした。

Art space 斬

にて
木曜日/月2回
月謝3000円
「子どもの為の音読講座」
4月からスタートします☆

4月は入会無料です!
少人数で行う予定です。

ご期待ください!


奥村みずほ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://revemc.blog53.fc2.com/tb.php/1140-7c90adaf