出没情報

みずほおねえさん

Author:みずほおねえさん
ピカソプロジェクト 代表

☆表現するって生きること☆
コドモの表現力プロデューサー

擬音語擬態語文化

文献漁るともっと昔からあるんだろうけど、

「よいちかぶらやをよっぴいて「ひょう」どはなつ」

こんな時代には既に「擬音語擬態語」はあるんですねぇ。

「オノマトペ」といいます。

フランス語由来で、日本ではまだ学問としての言葉にはなっていません。
故に、オノマトペといわれても、勉強できる人でも、「何?それ?」となりがちです。

しかしながら、これだけ多彩で、多様化されて、自由度が高い(この部分が日本人的に嫌いなのかなぁ?)言語活動は、他国に例をみないそうです。


もったいない!


「へろへろ」
とか
「グダグダ」
とか、

それに勝る表現ないやろ!
とか思いません??
「とても体が疲れて力が入りません。地に足がついていない様子です(へろへろ)」
「歯車が噛み合わずうまくテンポが悪くなりました(グダグダ)」

と言われるよりよっぽど伝わる(笑)


平安時代の人が聞いたら
「うわ!現代人ずる!!その表現めっちゃアリやわー」
とか思うはず!!


文化なら!
どんどん使おう☆
オノマトペ


あ。まとまった

Mizuh^O^
スポンサーサイト

Comment

これって僕が認められた瞬間てこと?

しまった!!!

日常生活のごまかしのためのオノマトペはいらっとするからダメ(笑)

与一、鏑矢をよっ引いて、「ひょう」と放つ。
屋島合戦ですね。

オノマトペといえば山口仲美先生とか有名ですね。

大阪もオノマトペ繁栄の地といえるんじゃないでしょうかね。
「そこの道をガーッと行ってキュッと曲がる」

お久しぶりです。

かぐや姫が「キラッ☆」とか言いながら゛月面飛行゛を詠ったら、求婚者は「カグヤたん、ギザカワユスなぁ」とか言いながら競って返歌を贈るんでしょうかね(待

すごい!!さすが!!
平家合戦は、ヒーローとヒロイズムを語るには欠かせませんよね!
私は保元物語派ですが(笑)

大阪文化は最高です誇りをもって「ガー」っといきます(笑)

お久しぶりです最近お会いできなくて淋しいですー!

かぐやたん月面飛行キラっ!
(爆笑)

そうか…そこまで許容してれば、日本はもっと独自の文化を歩めたのかぁ…(笑)

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

☆ようこそ☆
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: