2012.05.27 脳なおはなし
厳密にはこんな一言じゃないけどね

できた順に

脳幹小脳大脳大脳新皮質

今のところ進化最終形態である人間は、大脳新皮質が一番大きい。

これが、理論的な思考や、複雑な精神を構成するわけですね。


で、疲れてきたり、過度なストレスが溜まったりしてくると、

大脳新皮質大脳小脳の順に活動がおとなしくなってくる。
むしろ、脳幹とか小脳っていう、生きるためのシステムが強くなって、野生に近付いていくと。


つまりですよ。


お腹が減りすぎたり、眠すぎたり、疲れたりしてイライラしたときの攻撃性は、爬虫類とかが縄張り荒らされて怒って同種同士殺しあうのと同じ理屈ってことらしい。

生物としての、基本欲求に体は誠実なのですねぇ…。



何が言いたいのかと言いますと。

昨日は、自分の人生の大きな岐路となるイベントが3つありまして。

①色彩の説明会
②ローゼンビートにて、自分のこれまでやってきた成果を発表(大先生の奥様の前)
③今後プロデビューを目標にしている新ユニットの発表会&チーム名打ち合わせ

こんなプログラムでして、
大脳新皮質フル稼働だったわけで、本日は小脳くらいまでしか動いていない感じがするのです。



以上、本日目つきがどんよりしてる言い訳でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://revemc.blog53.fc2.com/tb.php/1202-db47a3f2