2007.11.23 う~わ~ん。
今日は 読売テレビ主催 「ルイスと未来泥棒」試写会のお仕事に
なんと…
大阪城ホールに…。
小林幸子さんの前座をさせていただきました。
ハピバースデーさっちゃん、歌いましたね(*^_^*)
スペシャル&サプライズゲストということで、お客様ドキドキされたんではないでしょうか?

昨日青ざめてたけど、今日はそれどころじゃない。
だって、自分の出演もあるし。

せっかく私たちを信用してお仕事を任せてくださったディズニー映画関西さまのみなさんのために、恥ずかしいものは作りたくなかったから。

テクニカルのみなさん。
運営のみなさん。
それから、
U田さん O中さん
社長。
ホーリー
みゆきさんはじめダンサーのみなさん。
橋本先生。

みんなのおかげで、あぁ、なんとかできそう。

そんな気持ちの中、共立M川さんも
「大丈夫です」
って言ってくださって、

いや、わかってんですよ。 Mieのステージじゃないけど…。

無事に終わって、なんか、とても良いものができて、


…NDLのライブシアターが閉館した時も、旧円谷ジャングルが閉じた時も、
寂しさ以外の涙なんてなかったのに


ゆみこに「あれはあの人のおかげ、あれはあの人のおかげ、あれはあの人のおかげで、私は台本かいただけで、むしろあんな無茶を聞いてくれて、みんなありがとうやねん」
って言いながら、泣くMie。

あはは。 仕事なのにね。


先ほどディズニーのT畑さんから
「仕事だけど、仕事とは言いたくないです」
なんて素敵なメールをいただきました。
私もです。
また一緒にやりましょう。


そして、関西舞台業界では知らない人のないビッグネームの会社ばかりに参戦いただいたお仕事でしたが、みなさんの姿勢が、そんな感じでした。
「あれは普通やったらな」とか「こんなんできへんで」とか「時間が…」なんて
誰も言われなかった。
「貴女のやりたいことを、言ってください。 僕らはそれに応えるだけですから」
そして、それ以上のものをみせてくれた。
社長が尊敬するU田さんがまとめてくれたからってのもある。
ビッグネーム会議に私を呼んでくれた社長のおかげもある。
とにかく、みんな、プロの意地を見せてくれた。

じゃあ、私も、プロの意地を見せるしかないじゃないか。
私が一番輝く場所は、
本番の
ステージの上。みんながつくってくれた、
舞台の上。
スクリーンの下。
明かりの中。
映像の前。
音の中。
ダンスの合間。
招待してくださったお客様の前で。
来てくださったみなさんのために…。
盛り上げる。
そのためのトークを。意地を。

あ、1回噛んだけど(笑)

乗ってくれたお客さま、
乗せてくださったみなさま。
本当に、本当にありがとうございました。

「2000人以上の人を動かした(実際体操コーナーすごかった)気持ちはどうや」
 多分、用意してくださってた社長の言葉。
なんて答えたかはとりあえず良いや。

大変やろ。って娘を預かってくれた姉も。
一緒に乗り切ってくれた家族にも。

あ、メイクアドバイスやらウィッグやら色々ビジュアル助けてくれたダンサーのみんな。
「素敵でした」って言ってくれて、いっぱい励ましてくれたゆみこ。
資料撮影に来てくれたアヘポンも。
あ~他にも他にも(>_<)

とにかく、感謝しか出てこない。
ありがとうございました。


さて。 次は、もっと上手にできるかな。
迷惑減らして感謝は変わらず。
そしたら、きっとビッグな人間になれるはず~。
まだまだ小さい~。

そんなわけで、リハ中と本番中。
撮影バイT畑さん。
本番中の明かりの中でも、最前列のその笑顔に、超癒されました(*^_^*)
1123ルイス城ホールのコピー.jpg
今日撮って今日送ってくださったの~☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://revemc.blog53.fc2.com/tb.php/1433-beb09318