第一線を引退した父は、今、古民家の立ち並ぶ博物館「民家集落博物館」で、何?バイト?をしている。
母に言わせると、外に出てないと退屈してしまうし、作業が好きだし、丁度良い職場
なんだそうな。

父よ。あなたは間違いなく私の父だw




それはさておき。
1998年からのウルトラフレンズで、現在小豆島で素麺うちをしている高松君(本名)という人がいる。
同い年で、劇場に入ったのもほぼ一緒。
将来のこととか、今やりたいこと。好きなこと、許せないこと。
色々話したもんだね。
短い期間だったけど。

「2~3年で実家に戻って、素麺うちの跡取りとして修行をするから、今のうちに馬鹿やっとくんだ」といって、真剣にバカやってたのが、とても印象的。

いつも、閉じた劇場のステージ上で発声練習をしている私を、彼だけは「すごいです」って褒めてくれたな~。


しかし、彼のバカやってる。は、大阪在住期だけで終わらなかった。

小豆島に帰ってからも、地元のイベント企画や、伝統芸能の精力的な公演、練習。
たまの連絡や年賀状にも、変わらない「バカやってる」のが見えて、めちゃくちゃ嬉しいと思っていた。

また素麺が美味しいんだ~~! 毎年たくさん取り寄せて、実家にも持って行ってるの。


プロローグおしまい。
本題。



さて。この週末。父の勤める民家集落博物館に「農村歌舞伎」というご一行が招かれたそうな。
香川県の民家と農村歌舞伎っていうテーマの展示やってるから、そのスタートイベントかな。

SN3B0874.jpg


この農村歌舞伎…

メンバーに、高松くんがいた!!
takamatu.jpg

デンチュー!!してる人??

たまたま直前でFacebookで知り

それを父に言っていたのに。
高松くんにも言っていたのに。

父はメールのその部分をすっとばしており、「農村歌舞伎にデカいオニーチャンがいてた」という感想を持って帰ってきてくれました。

間違いなく高松くんだね。

高松くんも、声をかけなかったそうな。




も~~。
めっちゃ一方的な楽しみだけど~
こんな機会めったにないのに~~。



悔しいから、父からいっぱい写真もらいました。

SN3B0876.jpg


そして、勝手に高松くんの名前を連呼します。
高松君! 我ら同期の誇りだよ~☆ 伝統芸の継承は素晴らしい!!

(ちなみに、同期→高松くん、声優の中西悠、私 …こんなにバタバタしてるのに、相変わらず一番ショボイ私(笑))
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://revemc.blog53.fc2.com/tb.php/1530-f0360f50