「国語がちゃんと教えれるん、先生だけやん!なんで学校の先生の言ってること知ってるん?」

中二男子に言われてしまいました!

何?告白?
私のこと天才って言った?

(笑)


国語の読解ってワクワクするんです。
音、言葉、その人が何が言いたいのか、ちょっとしたいたずら心というか下心というか、そういう意味での書いてる人の気持ち。

古文も漢文も論文も台本も、読み解けるものは全部好き。
好きなら解説できるよ。
好きなら学べるよ。


そう言ったら「今度の範囲に「学力」の文がある」と言うことで、読んでみました。

弟子入りやなんやの下りが、多少古くさい感覚ではあるものの、非常に、良い文章!

書いてらっしゃるのはこの方!




父親とほぼ同世代の方。

暗くて分かりにくいですが、ハロウィン仕様に、目鼻口がオレンジに塗り込められております。

落書き談義に花が咲きましたヽ(●´ε`●)ノ
正しい中学生。




ちなみに、中学生の前の小学生クラス。



久々にやりました。

平家物語序文より、よくわからない言葉を漢字にしてみよう!


こちらも大爆笑。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://revemc.blog53.fc2.com/tb.php/1939-71b03be6