中学卒業25周年だったそうです。


残念なことに記憶が無さすぎて(笑)
何名かに「失礼な」と怒られました。

そーいやー、心の底から変子で浮いてたなぁ。

という気がするなぁ。
というローティーン時代を…
送ってた…気がしなくもない。

…ように思う…。


そんなわけで、今日も浮きまくってきましたよ。と。




今日の最大テンションは、ピカソプロジェクトの素の一人である先生が、まさかのご来場でかなりテンションあがってしまった件について、です。


~~懐古~~


中学時代、休日が休みで、延長、早朝活動もない美術部は、声の世界で生きていきたかった私にとって超助かる部活でした。
で、入部しました。
副部長やりました。


適当…とはいえ、在学中に「中学美術連合」のコンクールでかなりの量の賞を受賞した記憶もありますよ?意外とちゃんとやってたんです。(部長が、かもしれない(笑))
何故か部室にあった七宝焼きの機械を使わせてもらえたり、教材の発注を考えさせてくれたり、当時かなり自由で、楽しいクラブでした。


~~懐古おわり~~

今日はそのときの顧問である美術講師が、来てくれていました。


先生曰く。
特に思い入れがある学年ではなく、誰か覚えているわけでもないけれど、ただ、幹事の熱意に負けて来た。と。

でも私は一番会いたかった。

顔を見たから思い出した先生はいれど、会いたかった先生は彼だけだった。

「先生!今、私。こどもたちに芸術の楽しさを伝える仕事してます!先生にいただいたヒント、いっぱいあります!ありがとうございました!!」

からはじまる…
感動的な再会…!!


のはずでした。


が…


先生「うーん。そうだったかな。そうなの?うれしいねー。僕はなにもしてないよ。
あ、あの子とかは覚えてるなぁ。可愛かったからー。あの子も、綺麗だったからー。そーゆーのは覚えてるよねー(*^^*)」


ひ…
ひど!!!


(笑)
先生。
ネタをありがとうございました。

そんな先生のメッセージは…
どれか、わかりますよね(*^^*)



でもね、昔、腐ってた私を助けてくれた美術部部長とか、今日、先生に会わせてくれた幹事のみんなとか、思い出は見つかんなかったけどお話してくれた人とか。相変わらず厨二レベルの感じ悪い奴もおったけど(笑)、まぁ、なんか嬉しかった。同じ過去を共有してるっていうのは素晴らしいことだねー。

今日会えたみんな。
本当にありがとう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://revemc.blog53.fc2.com/tb.php/1952-8f1b0bc3