今日ケータリングと影ナレーションのお仕事でまたまたアニキとご一緒させていただいておりますが。

先ほど、筆舌に尽くしがたい悲劇というか、奇跡というか…。まぁそんな出来事がおこりました。


控え室を飛び回る1匹のデカい奴。。
そう銀バエの銀ちゃんです。
彼に罪はないですが、まぁ…同じ部屋に共存したいほどは仲良くない関係です。

そんな彼が、ふとコーヒーカップに…いや飛び込まなかったんだけどさ

とにかく、絶好の捕獲の瞬間!
ティッシュをコップにかけてホールの外に飛び出す。


さぁ!
空へお帰り!銀ちゃん!
とティッシュを開けたら、あいつ…溺れてやんの

仕方ないから、乾いた溝に捨てよ。
羽乾いたらまた飛ぶやろ。
と思って…。


溝に捨てたら、

おぉ!元気に暴れ…

暴れ…?


なんか…でかい?


…蜘蛛…



…!!!!


の…
巣にどうやらコーヒーをかけたようで…。
即座に大きな獲物に飛びつく蜘蛛…。
あっとゆうまに銀ちゃんはグルグルになっておりました。


あああぁ…。
自然の厳しさよ…



さよなら…銀ちゃん(ヲィ。)



スポンサーサイト
Secret