20080906185205
ローゼンビート35周年のコンサートが終了しました。

先生の話は相変わらず長かったけど(笑)
感動しっぱなしで歌うたびに泣きそうだった。
所々音程外して泣きそうになった。
隣に立っていたオバサマは、リハーサルまでめちゃくちゃ音程悪くて、すごい焦ったけど、本番めちゃくちゃ上手だった。

本番の神降臨…
だからアマチュアコンサートって素晴らしい

このステージに自分が立つ日が来ると思っていなかったのと、
立っていなきゃ、歌を誰かの為に歌う日なんて永遠にこなかっただろうな。という実感が沸いている。

お母さんが見にきてくれてたんだけど「ママに捧げる歌」
涙がこぼれそうでお母さんのいる方見れなかったもん(笑)


これが、上手くなるってことなんかな。
すごく得した
いつか先生達に、恩返しがしたい。
きっと、良い仕事をすることでしかお返しできないから、やっぱり、よりがんばろうと思う。



まぁなんだかんだで今年入ってから始まった楽しい音楽の時間はおしまいですよ。
こうしている間に、歌の仕事が決まってきてるし、東京の師匠んとこのレッスンも、初歩的基礎の時間が終わってきている。


勉強してこなかったからぁ☆
と言える立場ではなくなってきますよ


より自分に厳しいレッスンをしていかなければ、一生趣味の音楽しかできなくなります。

頑張れっ!
より頑張れっ!
そして強くなれっ!


厳しいレッスン!
「かかって恋」
いや「かかって活け」


応援してくれたみんなに心からの…ラブ
スポンサーサイト
Secret